Air leak tester

Air leak tester

60-70-80パイまでの径に対応します。それ以上、以下は畏径ホースなどをご利用ください。

本体価格10000円エアーゲージ付き15000円

 

エアフロ装着車のパイプなどの空気の圧力漏れは、燃費が悪くなる(黒煙が出る)、エンジン不調、アイドリングが不安定、などの※不調症状が多く見られます。
特にチューニングカーの圧力漏れは大敵です。セッティング前、通常のメンテナンスには欠かせないものとなっております。製品使用時は、通常のメンテナンスなどと一緒に定期的におこなうことを進めます。(特にサーキット走行などハード走行前には)ECUはエアフロに吸い込む空気量に対して燃料を噴射させます。ですがパイプ途中で空気が抜けてしまっていますと燃料が濃くなり(リッチ状態) 先に説明した不調症状が出てきます。

主な不調症状
ブーストが安定しない。
燃費が極端に悪くなった。
黒煙が出る。
アイドリング不良。
加速が悪い 。

※ エアフロメーターとは  吸入空気量を計測する空気流量計 ホットワイヤー、ホットフィルム、フラップ式、カルマン、タイプがある。 常に一定温度に保たれている熱線が筒の中心にあり、吸入空気に冷やされると、ここの電圧を管理しているECUは温度を保つために、熱線への配給電圧をあげる。このとき電圧変化量によって吸入空気量を計測
※当社エアープレッシャーリークテスターにて圧力検査時には、ホースの破れ、インタークーラーの破損やパイプ抜けしやすい車両も発見しやすいため早期対応しやすく事前に車両のトラブル回避が可能となります。(また微量のエアー漏れなど発見しにくいものは石鹸水をを使用していただくと発見しやすくなります。)

 

本製品取扱説明書PDFファイル

airpreCIMG3212_3

airpreCIMG3214_3

 

空気圧力テスター

エアフロ装着車のパイプなどの空気の圧力漏れは、燃費が悪くなる(黒煙が出る)、エンジン不調、アイドリングが不安定、などの※不調症状が多く見られます。
特にチューニングカーの圧力漏れは大敵です。セッティング前、通常のメンテナンスには欠かせないものとなっております。製品使用時は、通常のメンテナンスなどと一緒に定期的におこなうことを進めます。(特にサーキット走行などハード走行前には)ECUはエアフロに吸い込む空気量に対して燃料を噴射させます。ですがパイプ途中で空気が抜けてしまっていますと燃料が濃くなり(リッチ状態) 先に説明した不調症状が出てきます。

主な不調症状
ブーストが安定しない。
燃費が極端に悪くなった。
黒煙が出る。
アイドリング不良。
加速が悪い 。

※ エアフロメーターとは  吸入空気量を計測する空気流量計 ホットワイヤー、ホットフィルム、フラップ式、カルマン、タイプがある。 常に一定温度に保たれている熱線が筒の中心にあり、吸入空気に冷やされると、ここの電圧を管理しているECUは温度を保つために、熱線への配給電圧をあげる。このとき電圧変化量によって吸入空気量を計測
※当社エアープレッシャーリークテスターにて圧力検査時には、ホースの破れ、インタークーラーの破損やパイプ抜けしやすい車両も発見しやすいため早期対応しやすく事前に車両のトラブル回避が可能となります。(また微量のエアー漏れなど発見しにくいものは石鹸水をを使用していただくと発見しやすくなります。)

60-70-80パイまでの径に対応します。それ以上、以下は畏径ホースなどをご利用ください。

本体価格10000円エアーゲージ付き15000円

製品使用方法

①エアフロメーターを取り外し(サクションパイプがノーマルゴム製の場合はターボパイプから使用してください)

airpreCIMG3184

②サクションパイプ(サクションパイプがノーマルゴム製の場合はターボパイプから使用してください)の径にあわせてエアープレッシャーリークテスターを取り付けます。(パイプ径に合わない場合市販の異形ホースを、ご使用ください)

airpreCIMG3185

③ホースバンドで閉めてください。

airpreCIMG3185

④エアーゲージにて1kgのエアーを注入してください。(入れすぎないでください入れすぎた場合レベルゲージ、オイルシール等抜けてしまい車両破損の場合があります。)

airpreCIMG3190_1

※エアーゲージにて圧を確認。減ってくるようであれば、漏れている場所を直してください。
ホースの破れ、パイプの破損、インタークーラーコアの破損があれば修理交換してください。※再度確認後漏れがないようであれば作業終了です。漏れがなく調子が悪い場合は、エアフロメーターの点検をしてみてください。(点検方法は各メーカーの点検方法などで確認してみてください)※はずしたエアフロメーターですが、ついでなのでブレーキクリーナーなどで洗浄をお勧めします。

本製品取扱説明書PDFファイル

※本製品について何かご不明な点がございましたら弊社までご連絡ください。
※本製品は、予告なく改良する場合がありますのでご了承ください。
※本製品は、初期不良以外の保障はありませんのでご了承ください。
※本製品を、使用し車両などに誤った使用方法などで破損があった場合当社では一切の保障はできませんのでご了承ください。
※本製品を、使用中などの怪我などした場合、弊社では一切保障はできませんのでご了承ください。
※本製品、消耗品については購入時点で発見された、その製品の使用を妨げる製品の瑕疵に対してのみ保証対象とします。使用上の過程で消費または損傷することが当然として予想される消耗については保証の範囲としません。